特命アドバイザー紹介:舟津 秀一郎

白山を見て育ち、木場潟周辺で遊んだ子供時代。
今、絵画・彫刻などのアーティスト活動をする中で、幼い頃から知らず知らずのうちに享受していた小松の自然の恵みの有り難さを感じている。
「そんな小松・南加賀の良さを発信したい」と、地元の伝統工芸をはじめ、さまざまな地域資源を活用した体験型イベントを企画・実施する「いしかわ体験ランドClub」の代表も務める。
また、国際ボランティアNGOのNICE北陸事務局の運営委員でもあり、里山地域と国内外の若者をつなぎ、国際交流や地域課題解決に向けた活動も行っている。
「小松・南加賀は山あり川あり、海あり、湖ありと、楽しめるところが多く、いろんな伝統技術がある。
こんなことしたら面白いよねっていうことを、地域の方々、そして世界各国の若者達と連携してやっていきたい。
住んでいる人たちが幸せを感じ、訪れる人たちが、子供に戻った気持ちで存分に楽しめる場所と時間を提供できるといいですね」。LET'S HAVE FUN !!(^^)v