廃校舎を生き返らせた「里まなび・山あそび」の新拠点

小松市は面積の7割が里山地域です。そこでは、農作物・希少生物・木材・石材などの里山資源をはじめ、伝統を担う職人や技術者、九谷焼など独自の文化があり、どれも小松の誇り。それらを継承していくための施設として廃校(廃所)となっていた那谷小学校滝ヶ原分校と滝ヶ原保育所を再利用しオープンしたのが「里山自然学校こまつ滝ヶ原」です。

里山の学びの場所として

里山体験交流塾、里山生き物調査塾、里山エコアグリ塾、バイオマス資源活用塾など“里まなび、山あそび”をテーマに、里山に関係する複数の塾活動を展開。里山の魅力に大いに触れて頂きたいと思います。

概要

里山自然学校こまつ滝ヶ原とは?
ここを拠点として里山の魅力に大いにふれて頂きたいと思います。

詳細を見る

ご利用案内

ご利用案内はこちらから。
ご利用の皆様方より活動協力金をいただき運営させて頂いております。

詳細を見る

お問い合わせ

塾活動についてのお問い合わせはこちらから。
また自主事業のないときは、貸し館もおこなっております。

詳細を見る
PAGE TOP